家を建てる前に絶対に知っておきたい、
結露のない健康・快適な住まいづくりについてわかりやすく学べます。
セミナー講師 住まいるサポート株式会社 代表取締役 高橋 彰
住まいるサポート 代表取締役 高橋 彰

主な内容

我が国の一般的な住宅の気密・断熱性能は、実は先進国中最低の水準です。

高気密・高断熱仕様を施主が意識して選ばなければ、先進国中最低水準の家になってしまいます。まず、我が国と他の国々の住宅の性能レベルの違いを認識しましょう。

ヒートショックで、なんと年間19,000人もの方が亡くなっています。

気密・断熱性能不足の家は、家の中の温度差が大きくなります。そのため、ヒートショックリスクが大きく命の危険もあるのです。

高気密・高断熱の住まいは、アレルギーや喘息の発生リスクを低減します。

高気密・高断熱の家は、アレルゲンとなるカビ・ダニが発生しにくく、子育てにも安心です。

現在の国の基準には、気密性能に関する基準がありません。

そのため、気密性能不足の家が溢れています。低気密の家は、壁の中が結露し、目に見えない壁の中で腐れ、シロアリ、カビ・ダニの発生リスクが高いので、注意が必要です。

高気密・高断熱の家は、とても快適です。

高気密・高断熱の家は、壁面の輻射熱の影響が少ないので、冷房は高め、暖房は低めの温度設定でも快適です。そのためエアコンの風も穏やかで一年中快適です。さらに睡眠の質も向上します。

高気密・高断熱の住宅は経済的にも結局お得です。

高気密・高断熱住宅は、建築費は少し高くなりますが、その分以上に光熱費を抑えられるので、結局得になります。家を建てる際には、イニシャルコストとランニングコストのバランスを考えることが大切です。

目指すべき気密・断熱性能の目安

実は、高気密・高断熱住宅の明確な定義はありません。家を建てる際に、目安とすべき気密・断熱性能の指標と基準を知りましょう。

ZEHと高気密・高断熱住宅の共通点と相違点

国は、経済産業省・国土交通省・環境省の三省が連携して、省エネ住宅であるZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の普及促進を図っています。 ZEH仕様にすることは意義がありますが、ZEHと高気密・高断熱住宅の共通点と相違点を理解して、家の仕様を決めていくことが大切です。

気密・断熱リフォームのポイントと注意点

新築や建て替えが難しくても、気密・断熱リフォームという選択肢があります。このリフォームを行う際のポイントもわかりやすくお伝えします。

     

PAGE TOP