弊社は、満足いく注文住宅を建てるための
お手伝いをさせていただきます。

高気密・高断熱の住まいはQOL(Quality of Life)を
大きく向上させることをご存知ですか?

家を建てるのは、多くの方々にとって一生に一回のことだと思います。後悔のない、一生満足して住み続けられるすまいづくりを少しでも多くの方々に実現していただきたいと思っています。
後悔のないすまいづくりには、基本性能として次の3点が重要です。
① 震度6強~7の地震でも損傷を受けない十分な耐震性
② 長い間安心して住まい続けられる耐久性
③ 冬は暖かく、夏は涼しい高い気密・断熱性能
残念ながら、現在新築されている住宅の多くは、実はこの3つの基本性能を満たしていないのが実態です。特に、気密・断熱性能については、すでに家を建てた方々へのアンケートにおいて、その性能不足が建てた後に後悔する点の上位に挙がっています。
気密・断熱性能は、建てた後のランニングコストにも大きな違いが出るだけでなく、ヒートショックリスクやアレルギーや喘息等のリスクも緩和されるなど、健康面への影響も大きいのです。そして、住まいの気密・断熱性能の向上は、住まいの快適性や睡眠の質にも大きな影響を及ぼします。つまり高気密・高断熱住宅に住まうことは、QOL(Quality of Life)を向上させることでもあるのです。

私どもは、必要な気密・断熱性能をわかりやすくアドバイスします。

気密・断熱性能は、ハウスメーカー・工務店によって大きく異なります。そして、どのくらいの気密・断熱性能が必要なのか、どのハウスメーカー・工務店に依頼すれば満足いく性能の家が建てられるのかなどは、一般の方々にはとても分かりにくいのが実情です。例えば、『次世代省エネ基準』(平成11年基準)という誤解を生みがちな決して高気密・高断熱とは言えない古い省エネ基準を満たしていることで、さも高気密・高断熱であるように謳っているような、専門家からすれば首をかしげたくなるような住宅事業者も数多く存在しています。
また、誰でも知っている大手ハウスメーカーの高級住宅だからと言って、気密・断熱性能が高いわけではないのがややこしいところです。おそらく住宅展示場をまわって、各社の営業担当者の話を聞けば聞くほど、それぞれの異なる説明に頭が混乱し、わからなくなってしまう方も多いことでしょう。私どもは、高気密・高断熱住宅を中心に、すまいづくりを進める上で、知っておくべき事柄や、ハウスメーカー・工務店選びをする際に重要なポイントについての情報をわかりやすくご提供しています。その上で、本当の高気密・高断熱住宅を建てている信頼できるハウスメーカー・工務店を厳選し、お客様の要望に合った住宅会社をご紹介します。

私どもは、高気密・高断熱住宅の建築に適した土地選びもお手伝いします。

また、高気密・高断熱住宅を建てるためには、土地選びも大切です。買い手に寄り添うバイヤーズエージェントとして、高気密・高断熱の住宅の性能を十分に引き出すのに適した土地選びのお手伝いもさせていただきます。そして、土地選びの際には、浸水等の災害リスクも十分に勘案することが必要です。そのような情報もご提供させていただきます。
私どもは、まったく中立的な立場から、ハウスメーカー・工務店選びと土地選びのお手伝いをさせていただき、一生安心して、健康・快適に暮らすことができるすまいづくりのお手伝いをさせていただきます。

代表取締役 高橋 彰

PAGE TOP